護王神社

ここのところ、左足の裏に痛みがあり、それがなかなかとれません。

何年か前に左足の親指が痛くなり医者に行ったところ、軟骨がささくれていると言われたことがあったけどその影響かも・・・?

春になったら行きたいところがいろいろあるのに、このままではちょっとマズイ・・・

ということで、護王神社に行ってきました。

ここは足腰の神様として有名な神社です。



護王神社 入口の鳥居と狛猪

護王神社 入口の鳥居と狛猪

Canon EOS 5D Mark III + EF17-40mm f/4L USM / HDRモード
2014年2月16日 撮影



護王神社 猪の手水舎

護王神社 猪の手水舎

Canon EOS 5D Mark III + EF17-40mm f/4L USM
2014年2月16日 撮影



護王神社 拝殿

護王神社 拝殿

Canon EOS 5D Mark III + EF17-40mm f/4L USM / HDRモード
2014年2月16日 撮影



護王神社 本殿

護王神社 本殿

Canon EOS 5D Mark III + EF17-40mm f/4L USM / HDRモード
2014年2月16日 撮影



護王神社 足腰御守

護王神社 足腰御守
腰痛もひどいので、両方のご利益のある御守りを購入。

Canon EOS 5D Mark III + EF100mm f/2.8L Macro IS USM
2014年2月16日 撮影



護王神社の主祭神は、和気清麻呂とその姉の和気広虫。

和気清麻呂が宇佐へ配流の際、道鏡から送り込まれた刺客に襲われたのを、突如現われた300頭の猪に救われたということです。

その時に、腱を切られて歩くのも不自由だった足の痛みも治り、再び歩けるようになったとの伝説があります。

そのことにより護王神社は、いのしし神社とも呼ばれ、足腰の守護神としても崇敬されています。

あと清麻呂の姉の広虫は、多くの孤児を養育したことから、子育ての神としても信仰を集めています。



 
↑ もしよろしかったらクリックお願いします。