深泥池のミツガシワ

この時期、深泥池ではミツガシワの花が咲いているのを見ることができます。

ミツガシワといえは、本来は北方の寒冷地などの湿地や湖沼に分布している植物ですが、暖帯ともいえる京都の深泥池にも現存しているのです。



深泥池のミツガシワ

深泥池のミツガシワ

Canon EOS 5D Mark III + EF100mm f/2.8L Macro IS USM
2014年4月19日 撮影



深泥池のミツガシワ

深泥池のミツガシワ

Canon EOS 5D Mark III + EF100mm f/2.8L Macro IS USM
2014年4月19日 撮影



深泥池のミツガシワ

深泥池のミツガシワ

Canon EOS 5D Mark III + EF17-40mm f/4L USM
2014年4月6日 撮影



深泥池のミツガシワ

深泥池のミツガシワ

Canon EOS 5D Mark III + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1
2014年4月6日 撮影



ここのミツガシワについては、氷河期からの生き残りとされているのです。

けれど冬は確かにメチャメチャ寒いけど、夏はクソ暑いこの京都で、今もなお絶滅せずに毎年花を咲かせているっていうのは、もう奇跡と言ってもいいんではないでしょうか。



にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ 
↑ もしよろしかったらクリックお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA